私(男)が不妊治療を行っている中で男性の不妊治療の情報が少ないことを知りこのサイトをつくりました。 男性不妊の検査方法、病気に対する知識、治療方法、男性不妊に効果的なサプリ・漢方をわかりやすく紹介します。 男性不妊の改善に少しでもお役に立てれば幸いです。

2012年05月05日

乏精子症

精液の中に精子はあるのですが、数が極端に少ない場合を乏精子症と言います。
乏精子症の程度により軽度・中等度・重症度と分けられます。精子の数の正常値は、1ccあたり6000〜8000万以上です。約5000万の場合は軽度、1000万以下の場合は中等度、100万以下の場合は重症度と区分をしています。

治療法としては軽度の場合には人工授精が効果があり、中等度の場合には体外受精を行います。
重症度の場合や受精しにくい場合には、顕微授精を行います。
また、軽度・中等度ならホルモン療法やビタミン療法を行い、ミネラルなどの改善を行いながら元気な精子をよりたくさん生産できるように男性生殖器を整え、自然妊娠を目指す方法もあります。
【関連する記事】
posted by 磯野まぐろ at 15:14| Comment(0) | 造精機能障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。